準中型免許が2017年3月12日の道交法改正で登場しました。

免許区分は次のようになります。
準中型免許ができました。

普通自動車免許
・車両総重量3.5t未満
・最大積載量2t未満
・定員10名以下

準中型免許
・車両総重量5t未満
・最大積載量3t未満
・定員10名以下
(18歳以上ならだれでも受験できる)

中型免許(8t限定)
※施行時以前に普通自動車免許を持っていた人
・車両総重量8t未満
・最大積載量5t未満
・定員10名以下

中型免許
・車両総重量11t未満
・最大積載量6.5t未満
・定員29名以下
(受験資格:20歳以上。経験2年以上)

大型免許
上記以上の車両
(受験資格:21歳以上。経験3年以上)

 

一般的に2トン車と言われるのは、最大積載量2トン未満の車です。最大積載量と車両総重量は違うのでお間違えないようにしてください。

とにかく、今まで乗れた車が乗れなくなるので、ご自身の運転免許では乗れるのかどうか、車検証を見て車両総重量最大積載量を確認するのが一番確実です。

このサイトをご覧の方は運転免許証をお持ちだと思いますが、ご家族、社員、友人などでこれから運転免許を取る方には、免許区分のことを教えてあげてください。

⇒ 合宿免許おすすめサイト