車 一括査定 流れ

車の一括査定は、少しでも高く愛車を売りたい、販売店の下取りより高く売りたいと言う方のためのものです。

冷やかしでも査定してもらえますが、本当に高い値段はまずつかないと思います。査定後は約1週間から10日ほどで契約できるような方を想定しています。

もちろん、一括査定の結果が自分の予想ほど良くなくて、これなら販売店に下取りに出したほうがいいという理由でどことも契約しないというのは、全然構いません。

契約するかしないかは、あなたの自由です。何の制約もありませんから安心して利用してください。

前置きはこれくらいにして、一括査定の流れをご紹介します。

1 一括査定のウェブサイトで査定を申し込みます。

2 申し込んだ時間帯にもよるでしょうが、早い会社は10分後ぐらいに電話がかかってくるかもしれません。深夜や夜中の電話は無視して結構です。

3 一般的には5社から7社ぐらい電話があると思います。競争で査定してもらうというメリットを生かすために、少なくとも5社ぐらいは来て欲しいですね。

4 連絡があった買取店と査定時間を調整します。持ってきてという買取店はお断りしましょう。できれば1日か2日で一気に見てもらいましょう。

5 見に来てもらって、査定は30分ほどで終わると思います。査定結果が出ますので書面をもらいます。口頭だけのところはメモしておきます。

6 査定したその場で、「今決めてもらえるならあと○万円上乗せします」とか言う業者が必ずいます。とにかく全部の買取店の査定結果が出るまでは、決める必要はありません。

7 交渉相手は、査定の上位3社ぐらいに絞りましょう。向こうから連絡が来ると思います。

8 最終的に「これ以上はもう出ないだろうなあ」という査定額で比較して、一番高い価格が納得できれば契約します。

9 売買契約なので書類がたくさんあると思います。何の書類か把握しておきましょう。

10 自動車税の還付分は、買い取り価格に含まれる契約をするのが一般的です。これは販売店での下取りでもそうです。車が廃車にならない限り自動車税の還付は戻らないと思ってください。

11 契約が終われば車を引き渡します。代金は当日のうちに銀行振り込みになると思いますが、いつ入金されるのかよく確認してから契約の印を押しましょう。

ざっと、以上のような流れになります。
女性の利用者も3割ぐらいいますし、女性の方が交渉がうまいこともあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする