車 一括査定 ポイント

車の一括査定を受ける時のポイントを挙げてみましょう。

車の洗車は必要か

必要ないという方が多いですが、私なら水洗いでいいのでざっと洗車します。室内はきちんと整理して、査定のときには物がないようにします。また、自宅の掃除機でいいのでシートと床、特にシートとボディーとの隙間を自分で掃除機をかけます。

ボンネットやリアゲートも開けますから、きちんとしておきたいです。

少しでもきれいに見せたいのが人情ですよね。これで査定が数万円上がるということはまずありません。でも、やれることはやっておきたいです。

査定員は同じ時間帯に来てもらうのがいい

YESです。できれば同じ時間帯に来てもらえば、こちらも手間は一度で済みますし、他社が目の前にいるということで買取店の間にいやでも競争心が生まれます。

5社来るのなら、3社か4社は同じ時間に来てもらえたらいいと思います。都合がつかなくて来てもらえなければ仕方ありません。

正確な情報を伝える

査定のときに、事故歴などを聞かれると思います。新車で買った車ならあなたが一番よく知っているはずですから、正直に正しい情報を提供しましょう。

中古の場合は、以前の持ち主がどうだったかなんてわかりませんから、あなたが所有してからのことを答えればいいんです。

プロは見れば分かります。外すはずのないビスが新しくなっているとか、内側の溶接が新車時のものと違うとか、そういう知識はプロはさすがによく知っています。

ざっと見て、違和感を感じるところをとことん見るという感じです。

万一、事故歴を隠して、あとで発覚した場合は、査定が下がりますからその差額を請求されることになりかねません。これは契約書に書かれています。正確な情報を提供しましょう。

査定が出ても即決しない方がいい

中にはこんな査定員がいます。
「査定は65万円だけれど、今決めてくれたら5万円上乗せします。明日ではできないので今決めてください。」

ヤフオクをやったことがある方なら覚えがあるかもしれませんが、ヤフオクで即決を提示してくる人の即決価格は、だいたい相場より安いんです。自分でよく調べたうえで、相場より安めの価格を提示してくるものです。

車査定も同じです。

査定員が出した査定価格は、あくまでも査定員の価格です。これを会社に持ち帰って上司に報告すると、「じゃあ、あと5万円上乗せするからと、明日連絡してみて。」と上司に言われることがよくあります。

もちろん全社ではなく、5社なら、そのうち1社か2社です。

これが、その会社としての最終価格ですから、最終価格が出そろうのを待って、一番高いところに売ればいいんです。

即決はするなとは言いませんが、最終価格を見て検討すればいかがでしょうか。

自動車税は戻らない

車を廃車にでもしない限り、支払った自動車税は戻りません。
契約時の説明にあると思いますが、自動車税の戻りの分を入れた査定価格となっています。これはディーラーさんでも同じです。

自動車税の返戻分は放棄するという誓約書を作成するはずです。ここでもめても仕方ありません。車を高く「売る」ことが目的なので、これを拒否したら、100%売れません。

愛車の引き渡しはすぐです

売買契約が整ったら、1日、2日のうちに車を引き渡すことになります。引き渡しが済んでから代金が振り込まれます。

もしも、次の車の納車まで1週間あるとしたら、多くの買取店では代車を借りることができます。

これは前もって聞いておきましょう。代車の有無、無料かどうか、貸し出しの予約など、きちんと聞いておきましょう。

大まかなポイントは以上です。
査定員も人間ですから、お互いに誠実な対応ができるといい結果につながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする