車 一括査定 活用法

値引きの限界

車を買うときにすることは、次の二つですね。
・値引き交渉
・愛車の下取り交渉

値引きは、ネットでは40万円の値引きとか50万円の値引きとか出ていますが、そんなことは通常ではありえないということを、先ずは知ってほしいなと思います。

300万円の車なら、ディーラーの仕入れ値は250万円前後です。(売れるディーラーと売れないディーラーでは仕入れ値が違います。)

差額50万円がディーラーの儲けではありません。

ディーラーが会社を運営するために、光熱費、不動産賃料、通信費、人件費などの一切が費用としてかかっています。

儲けは、定価で売って25万円ほどです。1割はまずありえません。

ここから値引き交渉が始まるわけです。本当なら値引きなんかしたくない。でも値引きしなければほかのディーラーにお客さんを取られてしまう。泣く泣く値引きをするんです。

もし25万円の値引きをすると儲けがなくなります。こういう売り方は商売をしている方はご存知でしょうけど、通常は絶対にしません。

300万円の車で30万円の値引きはありえないのです。

でも、実際に30万円の値引きがあったという人がいる。

値引きのカラクリ

あまり大きな声で言いたくはないんですが、引いてはいけない金額を引いたときは、ほかのところで必ずその分を取り戻しています。

例えば、点検サービスの有料オプションを契約してもらったり、高額なタイヤホイールを購入してもらったり(4本で50万円とか平気でします)、高額なガラスコーティングを契約してもらったり、必ずほかのところで挽回しています。

でもみんなが高額なオプションを買ってくれるわけではないですよね。じゃあ、みんなが関係あることって言うと、愛車の下取りです。

下取り査定は決まったものはないんです。幅があって、この車種とグレードなら65万円から120万円というふうに、必ず幅があります。120万円で下取りしてくれることは無いと申し上げたいです。

平均的に85万円の下取り査定なら、値引き交渉の分を差し引いて、私なら73万円と見積もります。ここで12万円を取り戻しました。ユーザーさんは何もわかりません。

会社はトータルでいくらのものをいくらで売って、儲けがいくら出たかで清算します。仮に値引きが40万円と言われたとしても、ほかのところで20万円以上の儲けを確保しています。実質値引きは20万円以下ということなんです。

困るのは、ユーザーには査定が適正だったのか全く分からないことです。それを解消できるのが一括査定の活用だと言ったら驚きますか?

一括査定の活用で適正価格を知る

業者には適正価格を知るための色々な手段があります。車専用のオークション市場が複数あります。でも一般ユーザーは、ヤフオクで売るのだって難しいのに、適正な価格なんて分かりません。

そのオークションに極めて近いのが一括査定なのです。これを活用しない手はありません。

複数の買い取り業者が査定に来ると、いくらで買い取れば利益を出せるか、査定士は考えます。ユーザー側は、利益を出せるギリギリのところまで査定を引き出せば良い訳ですよね。

その交渉をユーザーがするのではなく、買い取り業者同士が勝手にやってくれるのが一括査定です。

なので、業者から電話がかかってくるのが嫌だと言っていたら高く売れないので、ここは高く売るために頑張って活用しましょう。

下取りより平均で16万円以上高く売れ、中には30万円以上高く売れることもよくあるんです。その分が値引きに上乗せになったと考えてください。

一括査定は無料で受けられます。

下取りより平均で15万円~16万円高く売れるのはこちら。

⇒ かんたん車査定ガイド
⇒ ズバット車買取比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする