このサイトで取り上げている実績順の一括査定の中で、実績は60万人と4位なんですが、人気が高いのが、カーセンサーネットです。

カーセンサーネットというのは、東証一部上場のリクルートのグループ企業が運営しています。ネットで中古車を販売していたりします。その買取り部門が一括査定を行っています。運営開始は2008年からです。

なんで、カーセンサーネットの人気が高いのか探ってみました。

人気の理由

1 人気の理由の一つは、リクルートという知名度からくる安心感です。リクルートは、じゃらん、ゼクシーなどを運営していることでも有名ですね。

2 そして、おそらくこの業界唯一と思われますが、査定価格をメールで受け取る方法があることです。

3 提携買取店が全国で3000社あるのは業界一です。その中から査定を依頼可能な買取り店が、未確認ですが30社ほどあり、普通は8社から10社なので、これは本気で売りたい方にはうれしいことです。

 

申込ページには入力項目が、メーカー、車名、タイプ、事故歴、郵便番号だけですが、申し込みスタートボタンを押すと、次のページでさらに詳細な情報を入力します。

そして、査定可能な買取り店が列記されているので、査定してほしい買取り店にチェックを入れて申し込む形です。

 

私の住所からは、ガリバー、カーチス、カーズネット、売ッチャリ買ッチャリ、BooBooZ、ハナテン・ビッグモーター、ネクステージ、カーセブンの9店が出ていました。

ただ、東京23区内の住所で確かめても、申し込み可能な買取り店は9カ所しか出てきませんでした。ビッグモーター、ガリバー、カーセブン、カーチス、アップル、買い取り王CARくる、JUMP、ラビット、くるなびです。

 

査定結果のメール連絡依頼は、各買取店の「希望連絡時間」の欄に「メールで連絡を希望」と書き込めばOK。でも、電話をしてくる業者は多少はいるそうです。

 

注意点を書くと、メールで査定は正確な査定額は出にくいです。例えば、「150万円から180万円の間です」みたいな感じで、一番高いところに頼んでも、結局車を確認に来なければ正確な数字は出ません。それは当然と言えば当然ですね。

現物を見ないで値段をつける業者はいません。

見に来た結果、さらに高くなることは少なく、たいがいは外観が思ったより良くなかったとかいう理由で下がることも多いのです。

できれば、最初からきちんと査定してもらった方が正確な査定額が出ます。

結局、カーセンサーネットのメリットは

・査定可能な買取り店が画面に出てくること。
・査定してほしい買取り店を自分で選べること。
・買取り店は大手もあれば地元企業もあり、選択肢が多いこと。
・メールで査定額(概算)を回答してくれること。

 

査定額に関しては、査定にくる買取り店のブランドや査定員の熱意によるところが大きいです。実績は、累計60万人以上ですから、優秀な数字じゃないでしょうか。

カーセンサーネットだから高いという訳ではありませんが、ガリバーなどの大手ばかりでなく、地元の中小業者も選択できて、このような業者の方が査定が高いこともあります。地元の買取店もぜひ入れてみてください。

申込はこちらから。

⇒ カーセンサー.net簡単ネット査定

 

ちょっと裏話をすると、プリウスやアクアなどの人気ハイブリッドは買取り店も熱心ですが、例えば、12年落ちの三菱シャリオ(友人の車)だと、7社から連絡があったけれど、値段が付くのは3社だけだったそうです。

タマ数が多いクルマ、10年以上前の古いクルマ、もともと需要の少ない不人気車は、来てくれる買取り店は少ないと思っていいです。こういう方は、ガンガン電話がかかるなんて、うらやましいぐらいでしょう。

古い車で廃車にするくらいなら、1社でも来てくれて3万円でももらえたらうれしいですね。

一般的には、5社ぐらい来てくれた方が競争原理がより働くのですが、最低でも3社は来てもらった方が良いと考えてください。

あと、もしもしつこい電話で困ったら、一発で撃退する方法は、「ヨメのお母さんにタダで譲ることにしたので、一括査定はやめました」とでも言えばいいです。もちろん真実である必要はありません。

 

一括査定でよい結果が出ることを祈っています!