車 一括査定 デメリット 引き渡し時期

車を買うときに下取りしてもらえば、納車が5カ月先の人気車だったとしても、契約時に決めた下取り価格は5カ月先でも基本的には変わりません。

これに対して、一括査定の場合は事情が違います。

一括査定で一番高く査定してくれた買取り店に決めたら、おおむね1週間から10日以内に引き渡すことを想定しているからです。

納車が5か月先だから引き渡し時期も5カ月後、とはいかないのです。5カ月後どころか1カ月後でもダメなんです。

理由は、高い査定は今現在の業界専用カーオークションの相場を考慮した査定価格だからです。極端な話、1週間後でも相場は変動しています。

引き渡し時期が短いことが、デメリットと言えばデメリットです。

ならば、このシステムをうまく活用すればいいのです。

納車まで数カ月かかるとして、納車時期は、納車の1カ月前には分かるでしょう。その時点から準備をはじめます。そして、納車の2週間前ぐらいに一括査定を申し込みます。

5日もあれば一番高い買取り店を見つけることができるでしょう。この時点で納車まで約1週間です。納車の前日に引き渡すことだってできますね。

これで、うまくすれば何十万円も高く売ることができるかもしれません。デメリットをメリットに変えるいい方法だと考えています。

中でも下取りより平均16万円高いとうたっているのは次の二つです。

⇒ かんたん車査定ガイド
⇒ ズバット車買取比較