車買取 一括査定

車買取 相場

車を買い替える時に、下取りに出しますか。それとも買取に出しますか。以前は車の買取と言うと、どうしてもお金が必要になって車を売るみたいな、マイナーなイメージでした。

ところが今では、下取りの代わりに買取に出す方が3割もいるんです。今はネットで買取相場が分かりますから、あなたの車の相場をご覧になってください。そのあとディーラーさんで下取り価格を尋ねると、買取の方が高いことが分かると思います。

でも、買取店に車を持ち込んで査定してもらうのは、あまりおすすめできません。 売る気満々のお客だと思われるかも知れません。そこで活用したいのが一括査定なのです。

一括査定 一番高く売れる

「あなたの車は今いくらでしょう」という一括査定の広告をよく見るようになりました。一括査定は車の下取りではなく買取で、あなたの愛車が現状で下取りより高く売れる手段と言われます。しかも手数料は無料で利用できます。

なぜ現状で一番高く売れる方法かというと、通常の下取りや買取の場合は、相手とあなたは1対1ですから自分は80万円と思っていても、相手が65万円といえば「そうですか」と言わざるを得ないです。

もし自分は80万円と言い張っても、それならほかの買取店に行ってくださいと言われるのがおちですよね。

でも一括査定は最大で8社から10社も来るから(実際には5社前後が来ます)、買い取り業者の中には、65万円と査定する人もいれば80万円という人もいるし、中には90万円という人だっているわけです。

65万円しか出せませんという買い取り業者には、それならもっと高いところに売りますと言えますね。

選ぶのはあなたです。あなたの方が選べる立場になったのです。

自分は何も交渉しなくても、5社も来れば買取業者同士が勝手に競争を始めます。これは、自分で車を持ち込む下取りや買取店巡りでは決してできないことですよね。

これが現状では一括査定が下取りより高く売れる理由です。

最近は、車を買い替える方の3人に一人が一括査定を利用することが、ディーラーさんにも知られるようになってきました。

そのほうがずっと高く売れるのだから、一括査定を勧めるディーラーさんもいるそうです。

一括査定を絵で描くとこうなります

買取り店を順番に5件回りました。
その結果は次のようになりました。
D社が125万円で一番高いのか。
ここに決めようかな。

ちょっと待ってください!!

一括査定を利用して5社に来てもらいました。
来てもらったのは、上記と同じ買取り店です。
その結果は次のようになりました。

同じD社なのに136万円で11万円高くなっている!!

一括査定だと同時に数社が査定にくるので、自然と競争意識が働いて、うちに売ってもらおうとみんな頑張るから高くなるのです。

その結果は、下取りより平均で16万円ほど高く売れるのです。30万円以上高く売れることなんてザラにあるそうです。

一括査定が高いのは競争意識が働くから

一括査定は、無料で受けられます。

買取り店めぐりは、時間がかかる割には期待した査定が出ません。それは、買い取り店にわざわざ持ち込むのは、売る気満々の人だと思われるからです。

買取店はできるだけ安く買い取りたいので、売る気でいっぱいの人には、高い値段をつけなくても売ってくれるので安い値段しかつけません。商売ですからこれはどこの買取り店でも同じです。

一気に高い査定を勝ち取るためには、競争意識を持ち込むのが効果的です。一括査定だと各社が査定を競争するため、少しでも高い査定を付けようとする。これが一番の有利な理由です。

最終的に、査定に納得できるかで売る売らないを決めるのはあなたです。あらかじめ下取りの査定額を販売店で聞いておけば、一括査定との比較ができますね。

電話がたくさんかかってくる不安

ネットを見ると、「一括査定を申し込んだら電話がガンガンかかってきて電話に出るのも嫌になるよー」と書いている人がいます。

電話がかかってくるのは事実です。
早ければ入力して2、3分後にはかかってきます。
査定の日程を打ち合わせるためですから、電話がかかってこないと、こちらも困るわけですよね。

地方の方で、実際に3本しか電話がかかってこなかったという方を知っています。最大でも8社から10社ですし、実際には5社ぐらいからかかって来るのが一般的です。

少しでも高く売りたいから一括査定を活用しているので、「たくさん見に来て高い値段をつけてね!」 ぐらいの気持ちでいましょう。

どうしてもたくさんの会社から電話がかかるのが嫌な方は、メールで連絡してもらう方法と、ネット上で買い手を探してもらう方法があります。

メールで連絡してもらう方法は、カーセンサーネットが対応しています。
⇒ カーセンサーネットのページを見てみる
ネット上で買い手を探してもらう方法は、ユーカーパックが対応しています。
⇒ ユーカーパックのページを見てみる

本当のところ、実車を見てみないと正確な値段はつかないと言うことは、理解しておく必要があります。実車を見ない査定は、安くなるのは仕方がありません。

交渉がうまくできるかどうかの不安

これだけは守ってというところをピックアップしました。

1 査定額に○万円上乗せするからうちに決めてほしいと言われたら

⇒ 「全部の会社の査定が終わってから決める」と言いましょう。1社目で決めない方が良いです。全部の査定が終わって、翌日に買取会社から会社としての最終金額を言ってくることがあるので、それを聞いてから決めた方が高く売れることが多いです。

2 いくらなら売ってくれますかときかれたら

⇒ 「いくらになるのか分からないから査定してもらっている。こちらから希望の値段は言わない」と言いましょう。相手は少しでも安く買取りたいのが本音です。金額は必ず相手に言わせること。希望額を言えば、それより安い査定がされます。2社目以降の査定では、それまでの中から一番高かった査定額に1割ほどプラスした金額を、今までで一番高かった金額として言うのはありです。

3 事故暦などはしっかり伝えること。査定のプロは見れば事故車は分かります。溶接の形状が違っていたり、ボルトの形状が違っていたり、後から塗った塗装の色が違っていたりするからです。事故暦を隠して売って、あとで分かった場合、査定が下がるので差額を返還しなければならないことになりかねません。ただし、中古車で買った場合で、以前の所有者の事故暦は分からないので、(たとえ聞いていたとしても)分からないと言えばいいです。

4 プラスになることは積極的にアピールしましょう。きちんと受けた定期点検記録とか、高価な純正品装備とか、新しいスタッドレスタイヤがあるとかです。

こういうことに気をつけて、要は喋り過ぎないように気をつけましょう。気を許して喋りだすと、言わなくてもいいことまで言ってしまいますから。

凹みや傷の修理はしておいた方がいいのか

修理は特に必要ありません。修理工場に出すくらいの修理だと、高く売れたとしても差し引きでマイナスになると思って間違いありません。

査定の前に水洗い洗車して、車内に掃除機をかけて物を整理しておくくらいで十分です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする